介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

更新日:2021年11月30日

利用対象者

次の1、2いずれかに該当する方

  1. 65歳以上で、基本チェックリストにより対象となった方(事業対象者)
  2. 要支援認定を受けている方(要支援1・要支援2)

利用までの流れ

まずは、地域包括支援センターにご相談ください。

サービス内容と利用料金

通所型サービス

サービス内容

デイサービスセンターで、食事・入浴などのサービスや体操やレクリエーションなどの機能訓練が日帰りで受けられます。

  • 通所介護相当サービス(これまでの介護予防通所介護相当のサービス)⇒身体介護が必要な方
  • 通所型サービスA(緩和した基準によるサービス)⇒身体介護が必要でない方(入浴サービスは対象外)
  • 通所型サービスC(短期集中予防サービス)⇒介護老人保健施設や病院で、短期集中的に機能訓練が受けられます。

利用料金

通所型サービス
サービス種別 利用回数 1か月当たりの利用料 1回当たりの利用料 事業対象者 要支援1 要支援2
通所介護相当サービス 週1回程度 1,655円 380円 利用可※ 利用可 利用不可
週2回程度 3,393円 391円 利用可※ 利用不可 利用可
通所型サービスA 週1回程度
(3時間未満)
1,003円 228円 利用可 利用可 利用可
週1回程度
(3時間以上)
1,432円 326円 利用可 利用可 利用可

※新規の事業対象者または介護保険の認定申請(新規または更新)は非該当になったが基本チェックリストにより事業対象となった方は、サービスAのみの利用となります。

(注)自己負担1割の利用料金を掲載しています。また、この他に加算、食費、日常生活費等がかかる場合があります。

通所型サービスC(短期集中予防サービス)
利用回数 12回(週1回×3ヵ月)
利用料 1回当たり550円 ※利用料は、自己負担(1割)の目安
対象者 事業対象者、要支援1・要支援2の方で、介護予防ケアマネジメントにより利用が適当と判断された方
(入院等により一時的に身体機能が低下し、短期間で自立した日常生活に戻れる意欲の高い方を対象とします。)

訪問型サービス

サービス内容

ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴・食事などの身体介護や調理・洗濯などの生活援助を行います。

  • 訪問介護相当サービス(これまでの介護予防訪問介護相当のサービス)⇒身体介護が必要な方(身体介護・生活援助)
  • 訪問型サービスA(緩和した基準によるサービス)⇒身体介護が必要でない方(生活援助)

利用料金

訪問型サービス
サービス種別 利用回数 1か月当たりの利用料 1回当たりの利用料 事業対象者 要支援1 要支援2
訪問介護相当サービス 週1回程度 1,172円 267円 利用可※ 利用可 利用可
週2回程度 2,342円 271円 利用可※ 利用可 利用可
週2回超 3,715円 286円 利用可※ 利用不可 利用可
訪問型サービスA 週1回程度
(20分以上45分未満)
808円 184円 利用可 利用可 利用可
週1回程度
(45分以上60分まで)
993円 226円 利用可 利用可 利用可

※新規の事業対象者または介護保険の認定申請(新規または更新)は非該当になったが基本チェックリストにより事業対象となった方は、サービスAのみの利用となります。

(注)自己負担1割の利用料金を掲載しています。また、この他に加算、交通費等がかかる場合があります。

総合事業利用開始のための相談窓口一覧

那須塩原市高齢福祉課又はお近くの地域包括支援センターにご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 高齢福祉課 地域支援係

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7327
ファックス番号:0287-63-8911

お問い合わせはこちら

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?