聞こえない・聞こえにくい人のための手話教室

更新日:2023年03月10日

 聞こえが悪くなると会話が面倒に感じることがあります。そんなとき、少し手話を覚えただけで聞き返すことが減り、驚くほど会話がスムーズになります。ろう者の使う日本手話(※)ではなく、日本語の文法に合わせて手話を表す日本語対応手話を学ぶので、覚えた手話をすぐに使うことができます。話の内容をTV字幕のような「パソコン文字通訳」で全体投影するので、全く聞こえない、聞こえにくい人でも安心して参加できます。

※日本手話とは、独自の文法をもち、自然言語としてろう者に育まれてきた言語で日本語とは独立した「手話」という別の言語です。

対象者

中途失聴者・難聴者(軽度難聴者も可)とその家族(友人でも結構です)

日時・場所

令和5年5月10日から令和5年12月13日 毎週水曜

  • 【昼の部】午前10時00分から正午(全30回) いきいきふれあいセンター(那須塩原市桜町1-5)
  • 【夜の部】午後7時00分から午後9時(全30回) 健康長寿センター(那須塩原市南郷屋5-163)

※週によってクラスの変更も可能。

講師

宮田和実 氏(人工内耳装用中途失聴者・元NHK手話キャスター)ほか

参加費

無料

定員

  • 昼の部:20人
  • 夜の部:10人

※定員になり次第締め切り。

申込期限

令和5年4月26日(水曜日)

申込方法

電話、ファックスまたはメールにより申し込み

※ファックスまたはメールの場合は「氏名・住所・連絡先」を記載してください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 社会福祉課 障害福祉係

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7026
ファックス番号:0287-63-8911

お問い合わせはこちら

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?