生活保護制度

更新日:2021年11月30日

生活保護とは

私たちは、家族みんなが協力して生活していますが、いろいろな事情から生活に困ってしまう場合があります。こんなとき、国が困っている人たちに最低限度の生活を保障し、1日も早く自分たちの力で生活していけるよう援助する制度が生活保護です。

生活保護を受ける前に

生活保護は、最低生活を保障していますが、保護を受ける前に自分で次のような努力をして、それでも生活できないときに、不足分を援助するものです。

  • 能力に応じて働く。
  • 預貯金や生命保険などの資産を活用する。
  • 夫(妻)・親・子・兄弟及び親族にできるだけの援助をしてもらう。
  • 他の社会保障制度(例えば傷病手当や失業保険、各種年金、児童手当など)をすべて活用する。

生活保護を受けるには

本人または扶養義務者の申請が必要です。申請に基づき、原則として世帯単位で保護が必要かどうかを調査して決定します。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 社会福祉課 保護係

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7136
ファックス番号:0287-63-8911

お問い合わせはこちら

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?